住宅ローンの金利を理解して毎月の返済額を知ろう!計算方法とは?

ページ

これから先、親との一緒に住むことになっている方に今人気の住宅ローンについて理由も一緒に紹介したいと思います。
一般的には、借入れをする場合の年齢制限があり年を重ねるとどうしても審査に通りにくくなってしまいます。ところが、親子が一体となって借入れする親子リレー返済なら、ある程度年齢に制限はありますが申込み可能です。理由は、申請した二人が同じ時期に返済するのではなく申込みをした二人の年収を合わせ時間をずらして返済するのです。この為に通常のローンよりも長く借入れ出来るのです。是非、こうしたローンも視野に入れて検討してみて下さいね。住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。良く頭金0円で住宅を購入出来る!という広告も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。
どこの会社の住宅ローンを選ぶかこれも大切なポイントですが、意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。

 

その理由として固定を選択すれば、一定の金額を支払えば良いので月々の計算もしやすく総返済額を正確に計算出来るからです。けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるのでローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。とはいえ、今は金利が低い傾向にある事もあり全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。自分の家が欲しい!と思う方は多いと思います。

 

そうはいっても、家を購入するのは数千万単位のお金を要します。

そこで、現金ですぐに支払いができる。
という様なことはまず難しいでしょう。それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行または信用金庫がおすすめです。

どこから借り入れしようか、自分で悩んでも良いのですが家を建てる時にお世話になる不動産屋と銀行側が協調している場合もありますから不動産屋の担当者の人に託しても良いでしょう。
住宅ローンを組もうと思ったらまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。
銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など多くの金融機関で住宅ローンを組めます。各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。

わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。

 

店舗がないので色々な面で経費削減ができ、金利が低く設定できるのも特徴です。

ネットバンクはローン支払いを少なくしたい方や忙しい方に大変人気の住宅ローンです。
夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。
次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。
もしも年収200~300万円の方は難しいかもしれません。申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いもカード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

 

自宅購入を考えた時住宅ローンが役立ちます。

 

申し込みは、銀行や信用金庫などから申請も出来ますが自宅購入の際は、たいてい不動産屋に任せる人がほとんどだと思いますので不動産屋と提携している金融機関に申請しても良いでしょう。返済期間は人によってまちまちですが最長で35年の期間が借り入れ可能です。とはいえ、年齢によっては35年を選べない場合もあります。一般的に、40歳を超える申し込みに関しては通りにくくなってしまう事が多いようです。